越前陶建材

壁面
科学と伝統技術の出逢い。怜悧な頭脳に柔らかな感情を盛り込む。
器がさらに大きく感じられる。まさに泰然。
サンドーム福井の壁面に、越前陶建材ウォールタイルが映える。
耐寒性、耐久性、そして堅牢性。
焼成後、シリコン液に付け、セメントのアクが表面に侵出することを防ぐ撥水処理も万全である。

世界的建築家、黒川紀章先生の設計による福井県立恐竜博物館。
ウイング棟に採用された越前耀変タイル。素朴さの中にも優雅さがある。

医療センターにも、面状タイルで高級感と落ち着き。

幅木
公園の趣が変わる。幅木タイルでアレンジ。

床道
さまざまな表情を創り出す。まさに知恵の産物。

壁堀床道